トップ記事空き家を改修したい!

空き家を改修したい!

空家改修費等補助金

対象経費

空家の機能向上のために行う改修工事であって補助対象経費が10万円以上のもののうち、家屋本体及び家屋内の設備に係る工事の経費

ただし、次の経費は補助対象経費に含めない。

*国、県又は町の他の制度の補助金、融資等の対象となる経費

*家電リサイクルに係る料金等の経費

*その他町長が補助対象経費として適当でないと認める経費

補助交付対象者

*所有者

*20歳以上の者で町税等を滞納していない者

*暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でない者

*当該補助金の交付を受けたことがない者

補助要件

次に掲げる事項の全てに該当すること。

*町内施工業者を利用すること。

*町内に個人で空家等を所有し、賃貸をする意思のある者で、当該空家等に関する情報を空家等登録情報に原則3年を超える期間登録することが見込まれること。

*耐震性を有する建築物であること。ただし、改修後の建築物が耐震性を有する場合にはこの限りではない。

*移住者向け住宅、住宅確保要配慮者専用賃貸住宅、サービス付き高齢者向け住宅又は地方創生対応型施設として10年以上活用されるものであること。

*住宅セーフティネット法第8条の登録を行うこと。

*災害時は被災者を受け入れること。

*施工業者が請け負う改修費を対象とし、自己によるものを補助対象経費に含めないこと。

*所有者の親族(三親等以内)に提供されるものでないこと。

補助率及び補助額

補助対象経費の2分の1に相当する金額(当該金額が100万円を超えるときは、100万円とする。)

補助金額の1,000円未満の端数は切り捨てる。

補助金の交付申請

補助金の交付申請をしようとするときは、事業着手前に次の書類を提出する。

*東みよし町空家改修費補助金交付申請書(様式第1号.docx (DOCX 11.2KB)

*同意書(様式第4号.docx (DOCX 9.17KB)

*登記事項証明書(全部事項)登記されていない家屋の場合は、町税務課の発行する家屋一棟台帳

*空家の案内図及び平面図(空家改修予定箇所を明記し、改修の内容が分かるもの)

*空家改修工事に要する経費に係る見積書の写し

*空家改修工事に着手する前の当該工事個所の写真

*上記に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める書類

 

 

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。