トップくらし・手続き上水道・下水道水道の凍結にご注意ください!

水道の凍結にご注意ください!

水道管の凍結防止について

冬の季節、寒くなって気温が低下すると、屋外の露出している水道管は、中の水が凍結断水したり、管が破損漏水することがあります。凍結防止の点検と対策を行うことで、破裂事故等の防止に効果があります。

 

天気予報にご注意ください!

毎年寒波の到来を事前に察知し、低温注意報が出た夜などは、特に注意して再点検しましょう。

 

ご家庭でできる防寒対策

〇水道管が直接外気に触れないよう、保温材を巻きつけ、保温材が濡れないようにビニールテープ等ですきまなく重ねて巻いてください。保温材は市販されています。

 また、屋外の蛇口は特に凍りやすいので、毛布や布などで覆い、ビニール袋等を被せて濡れないようにしてから、テープで巻いてください。

長らく家や管理している建物を留守にする場合は、水道メーター近くの止水栓を閉めておきましょう。蛇口から水抜きをして、水道管内を空にしておくと効果的です。

 ※止水栓を閉めた後蛇口を開け、水が出ないことを普段から確認してください。水が出るようなら止水栓が壊れている可能性がありますので、

  東みよし町環境課の水道係(0883-79-5343)までご連絡ください。
 

 

水道管の凍結防止1

※保温材は、市販されているものの他に、古毛布・発泡スチロール等ご家庭にあるものでも代用できます。

※万一凍ってしまった場合は、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルを被せて、ぬるま湯をゆっくりかけて溶かしてください。急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。

水道管の凍結防止2

 

水道管の破損・破裂等で漏水が発生した場合

水道管が破裂したときは、応急措置として、まず水道メーターボックスの中もしくは近くにある止水栓を閉めて、お近くの指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

指定給水装置工事事業者一覧

また、敷地外での漏水を発見した場合は、下記の環境課へご連絡ください。

 

【宅内漏水の確認方法】

①蛇口をすべて閉める

②水道メーターのパイロットを確認

③パイロットが回っていると漏水している可能性があります

メーター画像.bmp

 

水道管の漏水修理は

宅地内の水道管等(給水装置)はお客様の管理になります。凍結破損事故を防ぐため、家の周りの水道管を点検し水道の凍結防止を心がけてください。

 〇宅内の水道メーターから蛇口までの間で漏水しているときは、指定給水装置工事事業者

  に修理を依頼してください。指定給水装置工事事業者一覧

  ※水道メーターボックス破損等による交換・修繕については、お客様の自己負担となります。

 〇宅内の水道メーターから道路側で漏水しているときは、東みよし町環境課までご連絡く

  ださい。

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。