トップくらし・手続き上水道・下水道浄化槽の維持管理について

浄化槽の維持管理について

浄化槽の設置者(管理者)は、浄化槽法により、保守点検・清掃・法定検査(全て有料)を受けることが義務付けられています。

保守点検とは

浄化槽は微生物によって汚水を処理するものですから、その微生物が活発に活動できる状況を常に保つ必要があります。

したがって個々の浄化槽によって使用人員や使用状況、処理方式も異なり、また季節によって水温等も異なりますのでその状況に応じたメンテナンスを行う必要があります。

この作業を保守点検といい、処理方式や規模によって実施しなければならない回数が規定されています。

また、浄化槽の保守点検は県知事に登録した業者でなければ行うことができませんので、あらかじめ登録業者かどうか確認して委託契約をしましよう。

なお、保守点検を行った場合、点検記録票が渡されますので、3年間は保存しておいて下さい。

清掃とは

浄化槽を適正に使用していても、1年間程度経過しますと、浄化槽の中に微生物の死骸や汚泥がたまり、浄化槽の働きが衰えてきます。そこでそれらを除去する清掃が必要です。

清掃の時期は、使用人員や使用状況により異なりますが、保守点検を行う専門業者の判断に任せて下さい。通常1年に1回は必要です。

浄化槽の清掃は、市町村の許可業者でなければ行うことができませんので、あらかじめ許可業者かどうか確認して、委託契約をしましょう。清掃後に清掃の記録票が渡されますので、3年間は保存しておいて下さい。

法定検査とは

法定検査とは、浄化槽からの排水によって川が汚れたり悪臭が発生しないように、浄化槽法に基づき、設置状況、維持管理状況を客観的に把握するため、浄化槽の構造・保守点検状況・水質状況について、毎年1回徳島県知事の指定する検査機関で受けなければならない検査です。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。