トップくらし・手続き国民年金国民年金の加入について

国民年金の加入について

国民年金には、第1号から第3号まで3種類あり、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満すべての人が加入する制度です。どの制度に加入するかによって保険料の納め方が異なります。
また、厚生年金や共済組合に加入したことがある人には、それぞれの制度から上乗せの年金が支給されます。

第1号被保険者

自営業や学生、フリーター、無職の人。
第2号、第3号被保険者以外の方は必ず第1号被保険者になります。市町村の国民年金の窓口で加入の手続きをして保険料を納めます。

第2号被保険者

職場の厚生年金保険や共済組合に加入している人。
厚生年金保険などの制度を通して国民年金に加入していますので、加入手続きや保険料の納付は会社などで行いますので、自分で行う必要はありません。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者。
保険料は配偶者が加入している厚生年金や共済組合が制度全体として負担しますので、自分で納付する必要はありません。ただし配偶者の勤務先で手続きが必要です。

第3号被保険者の特例届出

平成17年4月から年金事務所に特例の届出をすれば、過去の第3号被保険者の未届期間についても「保険料納付済期間」とする特例措置がとられることになりました。
過去の第3号被保険者期間についてのお問い合わせは年金事務所へ。

任意加入

老齢基礎年金の受け取るために必要な年数を満たしていない人や、受け取る年金額を増やしたい人などは、希望により加入できます。

任意加入できる人

  • 国外に居住している20歳以上65歳未満の日本人
  • 国内に住所のある60歳以上65歳未満の人
  • 国内に住所のある厚生年金、共済組合などの老齢(退職)年金を受給している20歳以上60歳未満の人

特例任意加入

昭和40年4月1日以前に生まれた人で年金受給資格を満たしていない65歳以上70歳未満の人

付加年金加入

第1号被保険者、65歳未満の任意加入者は、定額保険料に付加保険料(月400円)を上乗せして納めると付加保険料を納めた月数×200円の金額(年額)が老齢基礎年金に加算して支給されます。
*第2号・第3号被保険者及び国民年金基金加入者は対象外となります。
*付加保険料の納付は申し込みをした月からの加入となります。遡って加入することはできません。
*国民年金保険料を納めていない月は付加保険料を納めることができません。

  • 日本年金機構阿波半田年金事務所 電話 0883-62-5350
  • 東みよし町役場住民課国民年金係 電話 0883-82-6360

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。