トップくらし・手続き国民年金国民年金の給付(障害基礎年金)

国民年金の給付(障害基礎年金)

受給できる人

国民年金に加入中または、国民年金加入終了後、60歳以上65歳未満の間に病気やけがによって障害が残った場合や、20歳以前の病気やけがにより障害の状態となった人。

受給要件

次の3つの要件に該当するときに受け取ることができます。

  1. 初診日(病気やけがで初めて医師の診療を受けた日)において、国民年金に加入している人、国民年金の加入者であった60歳以上65歳未満の人で日本国内に住んでいる人、または20歳前の人。【初診日要件】
  2. 初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2分の3以上の期間について、保険料を納付または免除、あるいは初診日が平成38年3月31日以前の場合は初診日のある月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないことが必要。【保険料納付要件】
  3. 障害認定日時点で、国民年金法に定める1級または2級の障害状態になっている。または、障害認定日に障害の状態に該当しなかったが、その後65歳になるまでの間にその障害が悪化し、1~2級の障害の状態になった。【障害認定日要件】

*65歳以降または老齢基礎年金受給後は請求できません。
*20歳以前の病気やけがで障害の状態になった場合には、保険料の納付要件は必要としませんが、ご本人の所得による制限があります。
*障害認定日・・初診日から1年6ヶ月経った日、あるいは1年6ヶ月経たない間に治った日

年金額(平成30年度)

  • 1級障害・・・年額 974,125円
  • 2級障害・・・年額 779,300円

お子さんがいる人には加算があります

障害基礎年金の受給者が生計を維持している18歳未満の子(子が障害者の場合は20歳未満)がいる場合、子の人数に応じて加算があります。
この加算は、子が18歳に達する年度末(障害の場合は20歳)までです。

加算対象の子と加算額
加算対象の子 加算額(年額)
1人目・2人目(1人につき) 各224,500円
3人目以降 各74,800円

年金は請求しないと受けられません

すべての年金は、受給する権利があっても、請求がないと支給されません。市区町村役場の国民年金窓口またはお近くの年金事務所にご相談になり手続きを行ってください。

障害年金の案内~申請してください~

  • 日本年金機構阿波半田年金事務所 電話 0883-62-5350
  • 東みよし町役場住民課国民年金係 電話 0883-82-6360

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。