トップくらし・手続き国民年金国民年金の給付(死亡一時金)

国民年金の給付(死亡一時金)

国民年金第1号被保険者として、3年以上保険料を納めた人が年金を受けずに亡くなられたとき、その遺族は死亡一時金を受け取ることができます。

受給できる人

亡くなられた人と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

*遺族が、遺族基礎年金を受けられるときは請求できません。
*受給できる人の順位も同上です。自分より先順位者がいる場合は請求できません。
*同順位者が2人以上いる場合は、そのうち1人が代表して請求してください。

死亡一時金の額

死亡一時金の額
保険料納付済期間 金額
3年以上15年未満 120,000円
15年以上20年未満 145,000円
20年以上25年未満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

*付加保険料を3年以上納めていたときは、8,500円が加算されます。
*保険料の一部免除を受け、減額された保険料を納めた期間も「保険料納付済期間」に含まれます。免除の割合に応じて「3/4免除月数×1/4」「半額免除月数×1/2」「1/4免除月数×3/4」として計算します。

手続きに必要なもの

必要な書類等は個人ごとに異なります。必ず手続き先にお問い合わせください。

対象 必要なもの
請求する人
  • 国民年金死亡一時金請求書
  • 印鑑
  • 預貯金等通帳またはキャッシュカード
  • 戸籍謄(抄)本(亡くなられた人との身分関係のわかるもの)
  • 世帯全員の住民票(続柄の記載のあるもの)
亡くなられた人
  • 年金手帳
  • 住民票の除票
〔請求する人と亡くなられた人の住所が異なる場合〕
  • 生計同一申立書(第三者証明が必要)
〔代理人が申請する場合〕
  • 委任状と代理人の本人確認できるもの

*請求書等の様式は市町村の国民年金窓口や年金事務所のほか、日本年金機構HPから入手できます。
*戸籍・住民票は、年金請求書提出日の6か月以内に交付されたものをご用意ください。なお、戸籍に死亡日等が記載されるまで1週間程度かかることがありますのでご注意ください。
*戸籍・住民票等の原本については、原本を提出した人から返却のお申し出があった場合に限り、コピーをとったうえで返却します(一部、返却できないものもあります)。 

留意事項

*死亡一時金と寡婦年金の両方を受け取ることができる場合は、どちらか一方の選択となります。
*死亡一時金を受け取る権利の時効は、死亡日の翌日から2年です。

年金は請求しないと受け取れません

すべての年金は、受給する権利があっても請求がないと受け取れません。市町村の国民年金窓口または年金事務所にご相談になり、手続きを行ってください。


 詳しくは日本年金機構HPをご確認ください。 https://www.nenkin.go.jp/
【東みよし町最寄りの年金事務所】阿波半田年金事務所 電話:0883-62-5350   

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。