トップ健康・福祉高齢者福祉緊急通報装置サービス

緊急通報装置サービス

東みよし町緊急通報装置貸与事業について

東みよし町の住民で、ひとり暮らしの虚弱な高齢者、ひとり暮らしの重度身体障害者などに対し、緊急通報装置を貸与します。ボタンを押すことで(株)シーモスに通報され、シーモスで安否の確認をするとともに協力員にも連絡され、必要な対応がされます。急病、事故などの緊急事態の対処のほか、孤独感や不安感を解消するための電話相談も行っています。

万が一の時にボタンひとつで自動的にベルセンターにつながるシステム。NTT回線を使った双方向通信で、ベルセンターは24時間365日いつでも状況に合ったサービスが受けられます

装置取付の流れ

  1. 町内で、10分程度で本人宅にかけつけることができる協力員を3名探していただきます。(3名のうち1名はお住まいの地区の民生委員に協力員をお願いしています。)
  2. 町の担当者、包括支援センター等とで自宅に訪問し、装置の説明、契約書類作成などを行います。
  3. シーモスが利用者本人や家族と日程調整し、装置取付に伺います。 → 利用開始
    *装置取付の個人負担がある方は取付の際にお支払いいただきます。

個人負担金

個人負担金
  課税世帯 非課税世帯 生活保護世帯
装置取付費用(税込) 10,260円 5,000円 0円
電池交換費用 装置本体及びペンダント
(4年に1回交換)(税込)
7,884円 3,942円 0円
ペンダントのみ
(2年に1回交換)(税込)
4,104円 2,052円 0円
取外し費用 0円

*装置本体の機種によっては多少金額が前後する場合があります。

通報の流れ

緊急通報装置について

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。