トップお知らせ麻しん(はしか)に注意しましょう!

麻しん(はしか)に注意しましょう!

 
麻しんとはどんな病気ですか?

麻しんは、麻しんウイルスが原因で発症する感染症です。
感染力が極めて強く、空気感染、せきやくしゃみなどによる飛沫感染、
患者の接触感染など様々な感染経路によって感染します。

   麻しんウイルスに感染した後は、潜伏期10~12日を経て発症します。
   主な症状は次のとおりです。

(1)カタル期
38度前後の発熱、咳、鼻水、くしゃみ、目やに、結膜充血などがみられ、頬の
粘膜に白い水疱(コプリック斑)が出現します。乳幼児では、消化器症状として
下痢、腹痛を伴うことがあります。

(2)発疹期
カタル期での発熱が一度下がった後、再び発熱(39~40度)し、特有の発疹
が耳の後ろ、首、顔、体幹、上肢、下肢の順に広がります。

(3)回復期
発疹出現後、3~4日間続いた発熱も回復期に入ると解熱し、発疹も退色してき
ます。

 
麻しんを予防するには?

麻しんは、ワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)を2回接種することで、予防
することができます。
 [機種依存文字]1歳児、[機種依存文字]小学校入学前1年間の幼児は定期予防接種の対象です。
 接種がまだの方は早めに予防接種を受けましょう。
  ※定期予防接種については、お住まいの市町村にお問い合わせください。

 
麻しんが疑われる場合の対応は?

麻しんが疑われる症状が出現した場合は、他人に感染させないよう、医療機関を
受診する前に電話連絡を行い、受診の時間等を確認の上、医療機関の指示に従っ
てください。

 
沖縄県や海外への旅行を予定されている皆様へ

・旅行に行く前に・・・麻しんの予防接種を母子手帳などで確認し、2回接種し
  ていない方は予防接種を検討してくだい。
・旅行から帰ったら・・旅行後2週間程度は健康状態に注意しましょう。
※ 妊娠中に麻しんにかかると、流産・早産を起こすおそれがありますので、女性
   の方は妊娠前にワクチン接種をしておいて下さい。

 

 
年代別麻しん予防接種状況(H30.4月時点)

●すでに麻しんに罹ったことがある人や、ワクチンを2回接種した人は、接種不要
○1976年(今年42歳)以前生まれの人・・・・・・・・・状況により接種必要
 定期接種はなかったが、自然感染して免疫を持っている可能性がある。
 (罹ったことのない人や、40歳代は接種検討を)
○1977年(41歳)~1990年(28歳)生まれの人・・・・・・・・・・接種必要
 1回しか接種していないため免疫が低い可能性がある。
○1991年(27歳)以降生まれの人
 ☆1歳 定期接種対象(1回目)
  2~5歳 1回接種・・・・・・・・・・・・・不要
          接種していない・・・・・・接種必要
 ☆2012年4月2日~2013年4月1日生まれ 定期接種対象(2回目)
  小学生以上 2回接種した・・・・不要
                  1回接種した・・・・接種必要
                  接種していない・・・接種必要

 

<<<徳島県保健福祉部健康増進課感染症・疾病対策室>>>

 

 

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。