トップ記事令和4年度秋の全国交通安全運動実施について

令和4年度秋の全国交通安全運動実施について

○期間

 1.運動期間 令和4年9月21日(水)~30日(金)までの10日間

 2.交通死亡事故死ゼロの日令和4年9月30日(金)

○全国重点

 (1)子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保

 (2)夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶

 (3)自転車の交通ルール厳守の徹底

趣旨

(1)交通事故死者数全体のうち,歩行中の割合が最も高く,歩行者側にも走行車両 の直前・直後横断や横断歩道外横断,信号無視等の法令違反が認められています。また, 次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ることが重要であるにもかかわらず,幼児・児童の死者・重傷者は歩行中の割合が高く,依然として道路において子供が危険にさらされており、歩行中の交通事故による死者数のうち高齢者の占める割合が高いことがうかがえます。このため,子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保を図る必要があります。

(2) 例年,日没時間が急激に早まる秋口以降は,夕暮れ時や夜間に重大交通事故が多発しており,死亡事故の第1当事者の多くは自動車で,歩行者の死亡事故の多くが道路横断中に発生しています。また,妨害運転(いわゆる「あおり運転」。以下同じ。)等の悪質・危険な運転による交通事故や電動キックボード等による交通事故が発生し,75 歳以上の運転者については,75 歳未満の運転者と比較して免許人口当たりの死亡事故件数が多く,その要因としてハンドルやブレーキの操作不適が多くなっていることも挙げられます。加えて,自動車乗車中における後部座席シートベルトの着用率やチャイルドシートの適正使用率がいまだ低調であり、さらに,飲酒運転による悲惨な交通事故が依然として発生している状況にあるため,夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶を推進する必要があります。

(3) 自転車は,身近な交通手段ですが,自転車乗用中の交通事故死者数が減少傾向にある一方で,交通事故死者数全体に占める割合はほぼ横ばいで推移しており,自転車関連事故件数では,「自転車対歩行者」がほぼ横ばい,「自転車単独」が増加しています。また,自転車乗用中の交通事故死傷者数のうち10歳から25歳未満の若年層の割合が高く、さらに,自転車関連の死亡・重傷事故は,自転車側の多くに法令違反があると認められています。このため,自転車の交通ルール遵守の徹底が必要です。

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。