トップ記事住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、さまざまな困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、「住民税非課税世帯及び家計急変世帯に対し、10万円の給付を行う」こととなりました。

 

1 住民税非課税世帯

 令和3年12月10日(基準日)時点で、本町に住民票を有する者の属する世帯であって、令和3年度分の市町村民税均等割が非課税である世帯(生活保護受給世帯を含む)

※ただし、世帯員全員が課税者に扶養を取られている世帯は対象となりません。

 

2 家計急変世帯

 住民税非課税世帯以外の世帯であって新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、令和3年1月以降の家計が急変し、同一の世帯に属するもの全員が令和3年度分の市町村民税が非課税である世帯と同様の事情にあると認められる世帯

 

受給権者(申請者)

 本給付金の受給権者は、上記支給対象世帯の世帯主となります。

 

給付金額

 対象となる1世帯あたり、100,000円を支給します。

 ※本給付金の法的性格は、民法上の贈与契約(民法549条)となりますので、行政不服審査の対象となりません。

 

1 住民税非課税世帯の手続き(確認書の対象者)

(1)町から確認書の発送

 令和4年1月9日に、支給対象となり得る世帯等の世帯主に町より確認書を発送しています。

 ※支給対象となり得る世帯とは、世帯員の全員が住民税非課税である世帯のほか、未申告の者が含まれる世帯、課税者より世帯外から非課税世帯員が扶養に取られてい世帯等が含まれます。ご自身の課税状況により、対象となる世帯である場合のみご返送ください。

 

(2)世帯主による確認書の確認

 確認書の記載内容(世帯主の氏名、住所、振込口座等)及び世帯の課税状況についてご確認のうえ、同封してあります返信用封筒にてご返送ください。

 ※確認書に口座情報が記載されている方は、「令和2年度東みよし町特別定額給付金」の支給口座が設定されています。口座が未登録の方及び受取口座を変更される方は、受取口座記入欄をご記入のうえ、振込先金融機関口座確認書類、本人確認書類を付してご返送ください。

 

(3)給付金の支給(振込)

 町に返送された確認書の内容を確認し、振込口座に振り込みます。

 ※確認書を受理した日より30日前後を目安に、振込を行います。

 

2 家計急変世帯の手続き

 家計急変世帯については、住民税均等割課税世帯のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、家計が急変し住民税均等割が課されている者全員のそれぞれの1年間の収入見込額等が、住民税均等割非課税世帯となる水準以下となる世帯です。

 ※詳しくは福祉課までお問合せください。

 

配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方へ【重要】

 DV等を理由に住民票を移さずに、東みよし町に避難されている場合であって、避難されている世帯の状況が本給付金の支給対象となる場合、避難者本人に本給付金を受け取れます。詳しくは福祉課までお問い合わせください。

 ・DV避難者であることの証明(裁判所の保護命令、婦人相談所の証明等)が必要となります。

 

非課税世帯等臨時特別給付金事業_1.jpg

非課税世帯等臨時特別給付金事業_2.jpg

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。