トップ記事10月は乳がん月間(ピンクリボン月間)です

10月は乳がん月間(ピンクリボン月間)です

毎年、10月を「乳がん月間(ピンクリボン月間)」とし、乳がんに対する理解と支援、乳がん検診の普及啓発を目指しています。

 

ピンクリボンとは・・・アメリカの小さな町で、乳がんで亡くなられた家族の方が、同じ悲しみを繰り返さないよう、願いをこめて作ったピンク色のリボンが始まりと言われています。乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の重要性を伝えるために、世界共通で使用されているシンボルマークです。

ピンクリボン.jpg

 

乳がんについて

女性で最も多いがんは乳がんです。

乳がんは30代から増え始め、40-60代がピークです。

日本人女性の9人に1人が生涯に乳がんになると言われています。

(2017年度データを元にした累計罹患リスク)

 

しかし乳がんは早期発見早期治療で9割以上の方が治るといわれています。また、治療の負担も少なくてすみます。

早期発見につなげるため、定期的な乳がん検診・乳房の自己検診を行いましょう

 

症状

主な症状は、乳房のしこりです。
他には、乳房にえくぼやただれができる左右の乳房の形が非対称になる、乳頭から分泌液が出るなどがあります。

乳がんは自分で見つけることの出来る数少ないがんです。

 

乳がん検診

通常「マンモグラフィ」による乳房のX線撮影が行われます。視触診ではわからない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化を発見することが出来ます。

 

東みよし町の乳がん検診について こちら 

マンモ検査.jpg

 

乳房の自己検診

① 目で確認!

まずは鏡の前で、腕を上げ下げしながら

【乳房にくぼみやひきつれ、左右の非対称や変色】 【乳頭にくぼみやただれ】               

がないか確認しましょう。

②しこりを探す!
4本の指をそろえ、その指の腹で乳房を優しくなでてしこりがないか調べます。乳頭をつまんで分泌物がないかを調べます。また、乳房の大きい人は、あおむけに寝て行う方が分かりやすいでしょう。   

★入浴の際に、手にせっけんをつけて行うとしこりの有無がより分かりやすくなります。
 

乳がんは自分で見つけることの出来る数少ないがんです。

月1回の自己検診を習慣づけましょう。リボン.jpg

 

 

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。