トップお知らせ新型コロナウイルス感染症に対応した災害時の避難行動について

新型コロナウイルス感染症に対応した災害時の避難行動について

南海トラフ巨大地震や頻発化・激甚化する豪雨災害など、大規模災害はいつ発生してもおかしくありません。

新型コロナウイルス感染症への感染が懸念される状況でも、災害発生時には、危険な場所にいる人は避難することが原則です。適切な避難行動をとるとともに、感染を予防し、拡大をさせないための事前準備について検討しましょう。

 知っておくべき5つのポイント_1.jpg

 知っておくべき5つのポイント_2.jpg

在宅避難等

 危険地域に住む人はためらわず避難することが重要ですが、自宅での安全確保ができる人は、必ずしも避難所に行く必要はありません。感染症リスクの低い自宅で居住が継続できる場合は在宅避難を行うことが出来ます。

 避難所が過密状態になると「感染リスク」が高まるため、避難所以外への避難を検討(親戚や友人の家等)し、分散避難による「三密」にならないようにしましょう。

 やむをえず車中泊を行う場合は換気やエコノミークラス症候群対策に注意してください。

 

避難所における感染防止対策

 分散避難を行い「三密」を避けるため、避難所の収容人数を減らし、スペースが不足する場合は、他の避難所を順次開設します。

 避難所においては、体温測定、マスクの着用、距離の確保、十分な換気、手洗い、手指消毒、咳エチケットの励行など、感染予防対策へのご協力をお願いします。

 

避難所に持参する物資等

 町の備蓄品には限りがあります。感染防止や健康状態の確認のため、通常の非常持出袋に加えて、マスク、石けん、アルコール消毒液、ウェットティッシュ、体温計、タオル、歯ブラシ等の衛生用品、スリッパ、ビニール手袋、着替え、常備薬、お薬手帳、ゴミ袋などを準備し持参してください。

 

避難時に発熱、咳等の症状がある場合、濃厚接触者の場合

 避難所到着時に速やかに避難所職員等に申し出てください。

 

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか?※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか?※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。