トップ健康・福祉ママと子どもの健康はちみつの摂取による乳児ボツリヌス症について

はちみつの摂取による乳児ボツリヌス症について

東京都において、はちみつの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事例がありました。

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児に特有の疾病で、経口的に摂取されたボツリヌス菌が腸管内で産生する毒素により発症します。

乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児にはちみつを与えることは避けてください。

乳児ボツリヌス症について(厚生労働省HP)http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

カテゴリー

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか? ※必須入力
このページの内容は分かりやすかったですか? ※必須入力
このページの情報は見つけやすかったですか? ※必須入力

このページの先頭へ

くらしのガイド

よくある質問

よくある質問で検索したいキーワードをご入力ください。